ビジネスマナー 食事のマナー

ビジネスマナー 食事のマナー 日本料理の場合1

ビジネスマンには接待がある限り、食事のマナーをきちんと身につけておくことはビジネスマンの最低かつ必須である。

日本料理における食事のマナー

和食のマナーは自然にさりげなく
 1.作法は難しく考えない。
   食べ慣れているはずの和食ではあるが、いざ正式な和食の席と
   なると、「特別な作法がありそうで、左右の人のすることを見
   ながらドキドキする」と言う人が多いと思う。
   たしかに、和食には細かい作法が多い。しかし一般の人が会食す   るときは、杓子定規にならないで基本的な作法を守ればよい。

 2.美しい座り方と姿勢
   座椅子があるときは、お膳に向かって左から、無いときは
   後ろから座る。
   座布団の手前で立てひざになり、にじり寄るように座ると良い
   座った姿勢は、胸を張り、アゴを引いて背筋を伸ばす。
   ダラダラしないでシャキッとすることだ。

 3.なごやかで楽しい雰囲気を作る。
   いくら動作が上品でも、一人黙々と食べていたり、一人だけ
   さっさと食べ終えたりして周りの人を気詰まりさせたりするのは
   マナー違反。
   食事のマナーも思いやりが必要だ。
   食べる速度は周りの人に合わせること。さりげない会話で
   なごやかな雰囲気をつくることも会食のマナーである。


ビジネスマナー 食事のマナー

ビジネスマナー 食事のマナー 日本料理の場合2

ビジネスマンには接待がある限り、食事のマナーをきちんと身につけておくことはビジネスマンの最低かつ必須である。

日本料理における食事のマナー2

作法は箸に始まり箸に終わる
  ここでは、箸使いのタブーを明記しよう。
  @迷い箸・・・どれにしようか料理の上で箸をウロウロさせる。
  A移り箸・・・取りかけた料理をやめて他の料理を取る。
  B寄せ箸・・・箸で食器を引き寄せる。
  C渡し箸・・・器の上に箸を置く。
  Dかき箸・・・器の縁に口をあてて箸でかきこむ。
  E探り箸・・・器の中の料理をひっくり返して好きなものを探る。
  Fねぶり箸・・箸の先をなめる。
  G涙橋・・・・つまんだ料理からつゆをしたたらせる。
  H刺し箸・・・料理を突き刺して食べる。
  I拾い箸・・・箸と箸で料理の受け渡しをする。
  これは、タブーであるので十分に気をつけてほしい。

また、箸は先を左に向けて、自分と平行に置くのがマナー。お皿の
上に縦に渡したり、テーブルの上に縦に置いたりしてはいけない。
たとえば、そばやうどんを食べても、箸は横に置くのが基本である。 


 


ネクタイ ROYAL DERBY JAPAN


 




ビジネスマナー 食事のマナー

ビジネスマナー 食事のマナー 日本料理の場合3

ビジネスマンには接待がある限り、食事のマナーをきちんと身につけておくことはビジネスマンの最低かつ必須である。

日本料理における食事のマナー3

食べ方のポイント

1.舌だけでなく目でも
  日本料理は味だけでなく見た目も大切にする。
  だから、食べ方も料理の形を崩さないように、端から少しずつ
  丁寧に取る。最初に全体をかき混ぜるのは禁物である。
  御飯は茶碗の手前から食べる。

2.乾杯だけは断らない
  杯やコップは、最初に先付けといっしょに運ばれ、まず乾杯を
  してから会食のはじまりとなる。
  たとえ飲めなくても口をつけること。
  乾杯のときは、一同に酒が回ったところで、挨拶を受けてから
  杯を目の高さに上げてから口をつける。

3.ふたの取り方、置き方
  大きなふたのある場合は、両手で取って置きやすい脇へ置く。
  小さなふたは、膳の右側と中央にあるものでは、右手で取って
  右脇へ、左側にあるものは、左手で取って左脇へ置く。
  また、御飯と汁椀のふたは、まず汁椀のふたを右脇手前に
  置き、御飯のふたをその奥に置く。
  最後に食べ終わったら、ふたは元通りに戻す。

4.汁のしたたるものの食べ方
  煮物の小鉢、天ぷらのつけ汁、刺身の醤油皿など、手のひらより
  小さい器ならば持ち上げて口に近づけて食べること。
  手のひらより大きい器を持ち上げるのはタブーである。
  酢の物、炊き合わせの煮物など、汁が気になるときは懐紙を
  使って受ける。
  ふた付きならばふたを受け皿使ってもよい。
  いずれにしても、口を器のほうへ近づけてはいけない。



 


コーチング経験者、未経験者を問わずに会社や家庭での

対人関係に悩んでいる方、全てにお勧め出来る書籍です。

9タイプコーチング


 



ビジネスマナー 食事のマナー

ビジネスマナー 食事のマナー 西洋料理の場合1

ビジネスマンには接待がある限り、食事のマナーをきちんと身につけておくことはビジネスマンの最低かつ必須である。

西洋料理における食事のマナー

洋食のマナーはゆったり堂々と
 1.楽しむことを心掛ける
   西洋料理のフルコースはマナーが難しくて、ナイフとフォーク
   の使い方がどうも苦手、などと気が重くなる人が多いようです。   ですが、洋食のテーブルマナーは同席する人を不愉快にさせな
   い思いやりと美味しい料理を楽しむ気持ちさえあれば、
   決して無難しく考える必要はない。

 2.美しい座り方と姿勢
   椅子は座るときも、立つときも椅子の左側から、着席する順序
   はまず主客、女性、目上の人の順である。
   椅子には深く腰を掛け、背筋を伸ばす。テーブルと体の間隔は
   握りこぶし一つ半が目安。食事中、ひじをついたり、足を
   組んだりしてはいけない。

 3.ウエイターは心強い味方である
   ナイフをうっかり落としたとき、自分で拾ってはいけない。
   軽く手をあげてウエイターを呼び、かわりのナイフを持って
   きてもらえばよい。コップやグラスを倒したときも、
   あわてずにウエイターに合図をする。
   料理の食べ方がわからないとき、肉がうまく切れないとき、
   なんでも恥ずかしがらずにウエイターに相談すること。
   正式なフルコースを出すような店では、各テーブル担当の
   ウエイターが常に気を配っている。どんなことでも安心して
   相談すべきである。


トップページ(ビジネスマナーがそこにある)はこちらから



ビジネスマナー 食事のマナー

ビジネスマナー 食事のマナー 西洋料理2

ビジネスマンには接待がある限り、食事のマナーをきちんと身につけておくことはビジネスマンの最低かつ必須である。

西洋料理における食事のマナー2

食べる前の予備知識

 1.ナイフとフォークの使い方
   右手にナイフ、左手にフォークを持つのが基本である。
   このときフォークは、腹を下向きにして使うこと。
   ただし、フォークを右手に持ちかえて使うときは、
   腹を上向きにして、ライスや豆などすくって食べて良い。

 2.ナイフとフォークのタブー
   ・ナイフやフォークを振り回しながら話すのはマナー違反。
    ナイフは皿から4〜5cm以上上げないようにする。
   ・ナイフから直接食べてはいけない。
    食べ物を口へ運ぶときはフォークを使う。
   ・ナイフやフォークをガチャガチャいわせてはいけない。

 3.ナイフとフォークでのサイン
   食事中と食事終了のサインは、食事中でナイフとフォークを
   置く場合は、ハの字にする。
   食事終了のサインは、ナイフとフォークを揃えておく。

 4.ナプキンは二つ折りでひざに
   ナプキンは主客が広げてから、二つ折りにして、折り山が
   手前にくるようにひざの上に置く。
   よだれかけのように首からたらしたり、ベルトにはさんだり
   しないこと。
   また、食事中、自分のハンカチやティッシュを出して使う
   のは、ナプキンが清潔でないと言っているようなもので
   失礼である。

トップページ(ビジネスマナーがそこにある)はこちらから


ビジネスマナー 食事のマナー

ビジネスマナー 食事のマナー 西洋料理3

ビジネスマンには接待がある限り、食事のマナーをきちんと身につけておくことはビジネスマンの最低かつ必須である。

西洋料理における食事のマナー3

食べ方のワンポイントレッスン

 1.スープは音をたてずに飲む
   スープが熱いからとフーフー吹いたり、ズズーと音をたてて
   飲んだりするのは、マナー違反である。
   スープの温度は皿に指を入れて確かめ、熱いようならスプーン
   で軽くかき回すと早くさめる。
   飲むときは、スプーンを口に直角つけるつもりで、口の中に
   流し込む。ぜったにすすらない。
   スプーンは手前から奥へ向けてすくい、口に運ぶ。

 2.パンは、スープが終わってから
   パンを食べるときの注意点
   ・パンは食いちぎらなで、一口分ずつ手でちぎってから
    食べる。バターはちぎったパンに付ける。
   ・パンにはナイフを入れない。
   ・スープが終わってから食べる。スープを飲みながら
    食べるのは禁物。

 3.魚・肉料理の食べ方
   ソースは自分で取る。骨付きの魚料理の場合は、骨をはずす
   時のじゃまにならないように、魚の頭の前のほうに取る。
   肉料理は、左端をフォークでおさえ、ナイフで一口分ずつ
   切って食べる。初めに全部切ってしまって、右手でフォークを
   持ちかえて食べるのはタブーである。
   魚料理は姿のままのものは、身を取り外して肉料理と同じく
   一口ずつ食べ、次に骨をそっくりはずして皿の奥へ置き
   下の半身を一口ずつ食べる。

 4.サラダは器に気をつけて
   ガラスのボウルに入ったサラダを食べるときは、
   ナイフは使わずフォークで食べる。また、大皿で供されて
   取り皿がないときは、肉料理の皿のソースをパンなどで
   きれいにしてから使う。
   取り分けされるときには、自分の皿を近づけておく。
   取り分け用のスプーンを右手で持ってすくい。左手の
   フォークで押さえて汁やサラダを落とさないようにする。


トップページ(ビジネスマナーがそこにある)はこちらから




Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。