ビジネスマナー 乗り物の席次

ビジネスマナー 車での席次

車の席次
 1.安全度が基本となる
   車の席次は安全度が基本となる。
   ひとつ間違えれば事故につながる
   車では、もしもの時を考え、最も安全な席が上席となる。

・運転手がいる場合
乗り物席次 車

1・・・最も上席、運転手の後ろが一番安全の為
2・・・次席、助手席の後ろ
3・・・1と2の間、狭くて、不安定である。
4・・・末席、助手席は衝突事故での死亡率が高い。


・マイカーの場合
 運転者が同乗者より目上であったり、運転者のマイカーである
 場合は、助手席が上席となる。

乗り物席次 車2


 2.状況に応じて臨機応変に
   車中では、ときには打合せや、お客との応対をしなければ
   ならないことがある。(運転手がいる場合)
   その場合、お客と課長と部下二人で、1にお客、2に課長
   3、4に部下となるが、お客と課長会話が頭越しとなるので
   そんな時は、3に課長が座る方がよい。
   また、足が不自由な人は、2の方が乗り降りしやすいなど
   臨機応変に対応しよう。

 3.車の中でもビジネス
   車中でもビジネスの場である。足を組んだり、だらしのない態度
   は禁物である。




2ヶ月目から5万円!?顔写真、実際のアフィリサイト公開の会員さんの声がすごい!



ビジネスマナー 乗り物の席次

ビジネスマナー 列車の席次

列車の席次
 1.快適さが基本
   列車の席次は、安全性よりも快適さが基準。
   沿線の景色を楽しむのは窓側が上席。
   三人掛けでは、通路側の席が動きやすいので次席。
   その間が末席になる。
   車輌全体では中央部が上席となる。
   大型バスでも席次は列車と同じですが、車輌全体では
   運転席に近い方が上席である。

 3人掛け
列車の席次1

 4人掛け
列車の席次2


2.上司やお客と同乗するとき
  上司やお客には席次の順に上席から薦める。
  しかし、列車は車と違って自由に動けるので、人によっては
  通路側が良いと言うことがある。
  「どちらの席がいいですか?」と相手の意向を確かめること。
  目上の人から先に座ってもらうのがよい。

3.公共マナーをまず守ること
  列車は社内と違って、周囲の人は社外の人ばかりである。
  一般常識に欠けた行動は、同乗している人に恥をかかせる
  ばかりか、会社の信用にもかかわる。
  ・老人には席を譲る
  ・他の人に迷惑をかけない。
  ・大声で話したり、笑ったり騒いだりしない。
 社会人として当たり前のことである。



 
  

ビジネスマナー 乗り物の席次

ビジネスマナー エレベーターの席次

エレベーターの席次は、何人乗るかによって変わり、乗る順番もある
ので、9人乗った場合のときの席次を示す。

エレベーターの席次

1.奥側が上席
  基本は奥側からが上席となる。操作盤を操作するところが
  末席となる。

2.来客を案内するとき

  来客が一人の場合
  ドアが開いたら、片方の手でドアを押さえ、もう一方の手で
  エレベーター内を示して「どうぞ」と声をかける。
  続いて中に入り、ボタン操作をする。
  降りるときは、片手で「開」を押しながら、もう一方の手で
  外を示し「こちらでございます。どうぞ」とお客様を先に降ろす。

  来客が2人以上の場合
  ドアが開いたら、素早く自分が中に入り、「開」を片手で
  押しながら、もう一方の手で中を示し「どうぞ」と声をかける。
  ドアが途中で閉まらないようにする為である。
  降りるときは、一人の場合と同じ。

  途中から乗ってきた人に対しては、「何回ですか」と尋ねて
  ボタン操作をすること。
  知り合いであっても私語は慎むようにしよう。





Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。