ビジネスマナー 来客応対の会話

ビジネスマナー 来客応対の会話1

ビジネスマナー 来客応対の会話1
接客に立った者は、そのまま会社の代表者となる。取り次ぎの仕方
言葉使いが商談の進み具合や成否にも影響を及ぼすということを自覚
して、応対したい。

来客の迎え方
会社を訪れる人に、どういう応対のしかたをするか。これは会社の
評価を左右する大切な問題である。来客には「いらっしゃいませ」と
明るい声で迎え、笑顔を添えたいもの。

1.アポイントの確認をする。
  来客が会社名と氏名を名乗り、面会したい人間を指名した時
  予め約束があるか確認しよう。
  約束があるのなら、面会したい人にその旨を伝えればよい。
  
2.アポイントがない時はどうするか
  面会したい相手に会社名、名前を告げ確認をとる。
  来客に会う場合。
   すぐに会える場合は問題ないが、会議中などで会えない場合
   終了時間を伝え、お待ちいただけるか来客に確認をとる。
  来客に会う意思がない場合。
   来客に会う意思がない事を伝えてはいけない。
   会えない理由を作り出す必要がある。
   たとえば、「これから、会議に入りますので、まことに
   申し訳ございませんが、きょうはお目にかかれないと
   申しております」とあくまでも丁寧に応対しよう。

3.相手が名乗らない場合はどうするか
  「どちらさまでいらっしゃいますか?」とはっきり聞こう
  この場合、気を付けなければならないのは、相手の態度が
  たとえ、ぶっきらぼうでも決して反感ある態度を見せないこと
  相手が名乗ったら、復唱し、用件を聞こう。
  それから取り次ぐようにしよう。

4.迷ってる来客にはどうするか
  訪ねたい位置がわからず、社内で迷っている来客がいたら
  すぐに声をかけ、「どちらをお訪ねでしょうか」と聞く。
  誰か他の者が応対するだろうと、気付かないふりをするのは
  絶対いけない。そういうよそよそしい雰囲気を、来客は
  敏感に察知する。

応対する人の態度で印象がかなりかわりますね。

ビジネスマナー 来客応対の会話

ビジネスマナー 来客応対の会話2


ビジネスマナー 来客応対の会話2
接客に立った者は、そのまま会社の代表者となる。取り次ぎの仕方
言葉使いが商談の進み具合や成否にも影響を及ぼすということを自覚
して、応対したい。

取り次ぎの仕方
来客が面会を求めている人間が席をはずしているとき、あるいは
外出している時の応対の仕方を考えてみよう。

1.被面会人が離席しているとき
  社内にいるのだが行き先がわからないときは
  「**はただいま席をはずしておりますので、
   しばらくお待ち下さい。」と言っておこう。それから
  すみやかに**の居場所を聞くなり探すなりする。
  また、他の用件で30分ほどかかる場合、
  「申し訳ございません。**はただいま社内で打合せ中で、
   終わるまで30分ばかりかかると申しております。
   いかがなさいますか」と来客に都合を聞こう。
  来客が待つと言えば応接室へ案内する必要がある。

2.被面会人が外出している時
  **が外出していて帰社予定が4時の場合
  「**は外出しております。4時に帰社する予定ですが
  いかがなさいますか」と来客の都合を聞くようにする。
  来客がその日は帰ると言えば、応対責任者としてあなたの
  部署と名前を教えておくといい。もちろん、**に来客が
  あったことを伝える。

応接室での心遣い
応接室で接客中の**に急ぎの電話がはいることがある。
その場合、**に向かって直接「急ぎの電話が入っております」と
言ってはいけない。来客に失礼にあたる。
来客である人と電話の相手が商売敵であることもある。
こういうときは、「失礼します」といって来客に一礼し、**に
メモを渡すようにする。
**の指示を受けたら、もういちど「失礼しました」と来客に
対して言い、応接室を辞するようにしよう。


ビジネスマン応援 靴 calzolaio




Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。