ビジネスマナーがそこにある。 > ビジネスマナー 接待 > ビジネスマナー 接待の心得(種類別1)

ビジネスマナー 接待

ビジネスマナー 接待の心得(種類別1)

接待の種類は酒の席ばかりではない。時には青空の下の釣りやゴルフ
など、健康的なものもある。要は相手の趣味に合わせて、ユニークな方法を考える柔軟さが欲しい。

料亭での接待
 料亭での接待はAランクの接待である。
 華やかさと格調の高さを演出し、相手をいかに重んじているか、
 特別待遇をアピールするのがポイント。
 1.相手が満足する格式ある店を選ぶ。
 2.料理や仲居のよい店を選ぶ。
 3.希望する料理、部屋、仲居や芸者の手配ができているか、
   他に大きな宴会が入っていないか、を確認する。
 4.当日のスケジュールは、店へ着く時間からお開きの時間まで
   詳しく打ち合わせ、お土産や帰りの車の手配にも万全を期す。
 5.接待は芸者や仲居に任せる。
 6.接待側は相手の同格以上の人が出席する。

また、料亭での接待のもうひとつのよいところは、個室で、人目に
触れずゆっくり会談できることである。
おしのびの接待では、料亭側にその旨を伝えておくこと。店側は、
静かな離れなどの個室をとり、玄関での出迎え、見送りも他の客と
ぶつからないよう予約時間をずらすなど、万事心得ていてくれるので
任せればよい。予約時間はゆとりをもって守ること。

トップページ(ビジネスマナーがそこにある)はこちらから

<<ビジネスマナー 接待の心得4 | ビジネスマナーがそこにある。トップへ | ビジネスマナー 接待の心得(種類別2)>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。