ビジネスマナーがそこにある。 > ビジネスマナー 接待 > ビジネスマナー 接待の心得3

ビジネスマナー 接待

ビジネスマナー 接待の心得3

接待のタブー

 1.自分だけ盛り上がる
   酒席で相手より先に酔ってハメを外すのは最大のタブー。
   調子に乗ってカラオケを独占したり、なじみの店で大きな顔を
   したりするのもよくない。
   相手はしらけて誰のための接待かと不快になるだけである。

 2.自慢話や愚痴を言う
   自分や家庭の自慢話などは、相手にとっては退屈でつまらない
   ことこのうえない。
   まして愚痴をこぼして楽しい雰囲気に水を差すなどもってのほ
   かである。
      
 3.仕事への見返りをちらつかせる
   「この気持ちを汲んでいただいて、ぜひ○○の件はよろしく」
   などというのも絶対にタブー。
   接待の場は商談の場ではない。気持ちのよい接待を受けて、
   この会社なら仕事を任せられると考えてもらえれば充分。
   よけいな一言で、全ての努力が水の泡ということもある。
   また、接待で取引に手心を加えてもらおうなどと期待するのは、
   相手を金品でどうにでもなる人だとバカにしていることになる。

 4.しつこくムリにすすめる
   「もう結構です。」と断る相手に「まあそう言わずもう一杯」
   とか、「もうそろそろ失礼します。」と言うのに「もう一軒
   つきあって下さいよ。」と無理強いするのはタブー。

 5.チビ、ハゲ、デブなどの失言
   どんなに心の広い人でも、気にしている嫌なことをズバリ
   言われたら、不機嫌になるのは当然である。
   また、他のことを話しているときでも、気になる欠点を連想
   させる言葉は禁物。
   うっかり失言してしまったら、率直に謝る事が第一である。
  

トップページ(ビジネスマナーがそこにある)はこちらから

<<ビジネスマナー 接待の心得2 | ビジネスマナーがそこにある。トップへ | ビジネスマナー 接待の心得4>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。