ビジネスマナーがそこにある。 > ビジネスマナー 接待 > ビジネスマナー 接待の心得1

ビジネスマナー 接待

ビジネスマナー 接待の心得1

 何故接待をするのか?

 1.つきあいを広げるため
   誰に頼んでも同じ仕事だったら、知らない人よりも
   知りあいに頼もうと思うのが人情。
   同じ知り合いなら、より親しい人にというのがあたりまえの
   ことである。
   ビジネスは事務的に進めるものとはいっても、やはり人間対
   人間、人間関係がその基本となる。
   接待とは、この人間関係を広げ、さらに深めるために欠かせな
   いビジネス活動といえる。

 2.ビジネスに直結した戦略
   どうしても取りたい契約。ライバル会社も積極的に働きかけて
   いる。そんなとき、接待は、ビジネスを少しでも有利に運ぶ
   ための重量な戦略となる。
   ・自社のセールスポイントを訴える。
   ・相手の要望をできる限り引き出して適当な妥協点を探る。
   ・自社に好意を持ってくれるよう感情に訴える。等々

 3.次のビジネスへの潤滑油
   日頃、ビジネスでお世話になっている相手への御礼の接待。
   大きな商談をまとめてくれた相手への感謝の接待。
   仕事上の失敗で迷惑をかけた相手へのお詫びの接待。
   これらはどれも、これからのビジネス活動を円滑に進めるための
   潤滑油となる。目の前の成果を狙ったものではない。
   だが、ビジネス相手の感情を考えれば、これらの接待は、
   アフターフォローとしての当然の礼儀をいえる。
   次のビジネスにきしみが出ないために、この日常的な接待こそ
   もっとも重量なのである。


トップページ(ビジネスマナーがそこにある)はこちらから

<<ビジネスマナー 食事のマナー 西洋料理3 | ビジネスマナーがそこにある。トップへ | ビジネスマナー 接待の心得2>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。