ビジネスマナーがそこにある。 > ビジネスマナー 食事のマナー > ビジネスマナー 食事のマナー 日本料理の場合2

ビジネスマナー 食事のマナー

ビジネスマナー 食事のマナー 日本料理の場合2

ビジネスマンには接待がある限り、食事のマナーをきちんと身につけておくことはビジネスマンの最低かつ必須である。

日本料理における食事のマナー2

作法は箸に始まり箸に終わる
  ここでは、箸使いのタブーを明記しよう。
  @迷い箸・・・どれにしようか料理の上で箸をウロウロさせる。
  A移り箸・・・取りかけた料理をやめて他の料理を取る。
  B寄せ箸・・・箸で食器を引き寄せる。
  C渡し箸・・・器の上に箸を置く。
  Dかき箸・・・器の縁に口をあてて箸でかきこむ。
  E探り箸・・・器の中の料理をひっくり返して好きなものを探る。
  Fねぶり箸・・箸の先をなめる。
  G涙橋・・・・つまんだ料理からつゆをしたたらせる。
  H刺し箸・・・料理を突き刺して食べる。
  I拾い箸・・・箸と箸で料理の受け渡しをする。
  これは、タブーであるので十分に気をつけてほしい。

また、箸は先を左に向けて、自分と平行に置くのがマナー。お皿の
上に縦に渡したり、テーブルの上に縦に置いたりしてはいけない。
たとえば、そばやうどんを食べても、箸は横に置くのが基本である。 


 


ネクタイ ROYAL DERBY JAPAN


 




<<ビジネスマナー 食事のマナー 日本料理の場合1 | ビジネスマナーがそこにある。トップへ | ビジネスマナー 食事のマナー 日本料理の場合3>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。