ビジネスマナーがそこにある。 > ビジネスマナー 食事のマナー > ビジネスマナー 食事のマナー 日本料理の場合1

ビジネスマナー 食事のマナー

ビジネスマナー 食事のマナー 日本料理の場合1

ビジネスマンには接待がある限り、食事のマナーをきちんと身につけておくことはビジネスマンの最低かつ必須である。

日本料理における食事のマナー

和食のマナーは自然にさりげなく
 1.作法は難しく考えない。
   食べ慣れているはずの和食ではあるが、いざ正式な和食の席と
   なると、「特別な作法がありそうで、左右の人のすることを見
   ながらドキドキする」と言う人が多いと思う。
   たしかに、和食には細かい作法が多い。しかし一般の人が会食す   るときは、杓子定規にならないで基本的な作法を守ればよい。

 2.美しい座り方と姿勢
   座椅子があるときは、お膳に向かって左から、無いときは
   後ろから座る。
   座布団の手前で立てひざになり、にじり寄るように座ると良い
   座った姿勢は、胸を張り、アゴを引いて背筋を伸ばす。
   ダラダラしないでシャキッとすることだ。

 3.なごやかで楽しい雰囲気を作る。
   いくら動作が上品でも、一人黙々と食べていたり、一人だけ
   さっさと食べ終えたりして周りの人を気詰まりさせたりするのは
   マナー違反。
   食事のマナーも思いやりが必要だ。
   食べる速度は周りの人に合わせること。さりげない会話で
   なごやかな雰囲気をつくることも会食のマナーである。


<<ビジネスマナー エレベーターの席次 | ビジネスマナーがそこにある。トップへ | ビジネスマナー 食事のマナー 日本料理の場合2>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。