ビジネスマナーがそこにある。 > ビジネスマナー 名刺のマナー > ビジネスマナー 名刺のマナー3

ビジネスマナー 名刺のマナー

ビジネスマナー 名刺のマナー3

名刺はただ取り交わせばよりというものではない。
渡し方、受け取り方にもマナーがある。

名刺の受け取り方。
 
 1.もらった名刺は丁寧に扱う
   相手の名刺は、その人の分身であると考えて丁寧にある扱う
   ことである。無造作に受け取ったり、ろくに名前を見ずに
   しまい込むのは失礼である。

 2.好感がもたれる受け取り方
  @ 両手で、文字に指がかからないよう下の端を持つ。
  A 胸の高さで軽く会釈して受け取る。
  B 受け取ったら、丁寧に目を通し、役職、名前を覚える。
  C 読みにくい名前は「失礼ですが、どうお読みすれば
    よろしいでしょうか?」と尋ねて確認する。
    「珍しいお名前ですね」など一言添えるとよい。

 3.しっかり覚えたら名刺入れに
   受け取った名刺は、挨拶がすんで商談に入る前に丁寧にしまう。
   相手が多人数である場合に、どうしても相手の名前が覚え
   きれないときは、机の上に置いて見ながら話を進めてもよい。
   この場合、席の順に並べておくとわかりやすい。

 また、名刺は必ず名刺入れに。そのままポケットに入れたり、
 財布にしまい込むのは見苦し失礼にもなる。
 名刺入れもビジネスマンの必携品である。



<<ビジネスマナー 名刺のマナー2 | ビジネスマナーがそこにある。トップへ | ビジネスマナー 席次の知識>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

  • ビジネスマナー : 名刺の手渡し方@
  • (1).名刺は立って手渡す。 (2).自分の会社名、部門名、氏名を名乗りながら...
  • 2007-12-17 19:39
  • ビジネスマナー研修、新入社員研修、営業部員研修の有限会社ケー・アンド・ケー


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。