ビジネスマナーがそこにある。 > ビジネスマナー 謝り方と断り方 > ビジネスマナー 断り方1

ビジネスマナー 謝り方と断り方

ビジネスマナー 断り方1

ビジネスマナー 断り方1
何を断るにしても、断り方というのは難しい。言い方によっては
相手の気分をひどく害するからである。

断り方のコツとタイミング

残業をことわるとき
自分の仕事の残りはともかく、上司に急な残業を頼まれたが、
断らなければいけない場合もある。
「今日は困ります。用事があるんです。」では、頼りにならない部下
なる。「そうですか。申し訳ないんですが実は約束が入っているので
七時までお手伝いさせていただきます。」これなら、ふだんの勤務態度
がよければ、「そうか。ムリしなくていいよ。今日は帰っていい。」と
言われるかもしれない。
もちろん、コッソリ抜け出してはいけない。
ちゃんと「すみません、お先に失礼させていただきます。」と挨拶を
することである。
どうしても抜けられない用事があるときは、前もって話しておくのが
よい。基本は仕事優先である。





<<ビジネスマナー 謝り方3 | ビジネスマナーがそこにある。トップへ | ビジネスマナー 断り方2>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。