ビジネスマナーがそこにある。 > ビジネスマナー 謝り方と断り方 > ビジネスマナー 謝り方3

ビジネスマナー 謝り方と断り方

ビジネスマナー 謝り方3

ビジネスマナー 謝り方3
謝るときは単刀直入に

誤解を受けたとき
ときには、自分がやっていない失敗を押しつけられたり、いわれのない
噂をたてられることもある。落ち着いて対処しよう。
 
 1.ミスを自分のせいにされたとき
   ミスをした本人は気付いているかも知れない。騒ぎ立てれば
   間接的に張本人を責めることにもなる。
   対処の仕方は、「謝り方1」を参考に
 
 2.いわれのない噂をたてられたとき
   噂の場合は、たいしたことがないと思ったら、無視するに限る。
   仕事や態度ではね返そう。
   上司の耳に入っては困るような噂は、先手をとって上司に相談
   に行くとよい。「こんな噂が立って困っているんです。」と
   事情を話してみよう。
   ただし、噂になったのは、本人にも誤解を招くような言動が
   ある場合が多い。自分を振り返って、その反省のものに
   話をすることある。
   明らかに悪意のある噂の場合は、騒げば騒ぐほど「敵の思うつ    ぼ」にはまることが多い。うろたえず、きっぱりとした態度
   が必要だ。張本人がわかったら、「言語こういう事はしないで
   ほしい。」とはっきり言おう。

注)ココに書いてあるのは、一般論ですので、
  ケースバイケースで対応して下さい。


<<ビジネスマナー 謝り方2 | ビジネスマナーがそこにある。トップへ | ビジネスマナー 断り方1>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。