ビジネスマナーがそこにある。 > ビジネスマナー 謝り方と断り方 > ビジネスマナー 謝り方1

ビジネスマナー 謝り方と断り方

ビジネスマナー 謝り方1


ビジネスマナー 謝り方1
謝るときは単刀直入に

謝り方のコツとタイミング1

仕事上のミスのとき
仕事に手違いが生じた。それが明らかに自分のミスによる場合は、
すぐに謝る。言い訳や説明はあとで、そして間違いは二度と繰り替え
さない。
問題は、「これが自分の責任じゃないような気がする」という場合、
謝った方がいいことがある。大勢で仕事をしている場合、そういう例も
少なくない。
以下はあくまでも、一般論なのでケースバイケースで対応した方が
よい。
 
 1.関係ないと思わないこと
   新米のうちは、自分のミスでないとは言えない場合でも、
   謝った方がいいこともある。正論だけでは通らないのが
   ビジネス社会の人間関係である。
      
 2.謝るべきかを判断する
   「君、困るじゃないか」と上司に言われたときや部署内で
   何らかの手違いが発見され、自分が責められそうになった
   時は、一瞬のうちに謝るか謝らないかを決める。
   謝るなら早いほうがよいからである。

 3.謝る方がよいとき
   問題になっている件が自分も関与していて、連帯責任と
   思われるときは、「私が至らなかった為に申し訳ありません」    と謝ってしまう。一番下っ端が頭を下げてしまえば、その場
   は丸くおさまることが多い。目上はたてておくのがよい。

 4.謝らない方がよい場合
   他の部課のミスと思われるときや他社のミスなどは、軽々しく
   謝らない方がよい。一度認めてしまうと、部課の点数を下げ
   しまうからだ。
   自分の部課のミスでも、明らかに担当者が違う場合は、
   謝らない方がよい。自分の評価に響くからだ。

上司が、「君のミスじゃないか」と猛烈に怒っている場合は、
「違います」と反論しないで、「すみません、すぐに調べます」と
とりあえず頭を下げておこう。怒りがおさまったら、すぐに以下の
対処をする。

 1.確かな証拠をつかむ。
   責任者の見当がつくときは、それを示す証拠を手に入れること。
   文書や帳票のサイン、自分のメモなどだ。

 2.ミスをした当人を責めない。
   誰が悪いのかわかったら、上司などに報告する前に、当人
   に言った方がよい。決して責める口調ではなく、質問の形
   にする。
   相手が目上のときは、「こちらで処理しておきましょうか」と
   申し出るのもよい。


<<ビジネスマナー 用語の使い方3 | ビジネスマナーがそこにある。トップへ | ビジネスマナー 謝り方2>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。