ビジネスマナーがそこにある。 > ビジネスマナー 間違いやすい用語 > ビジネスマナー 用語の使い方1

ビジネスマナー 間違いやすい用語

ビジネスマナー 用語の使い方1


ビジネスマナー 用語の使い方1

・斡旋と仲介
 日常ほとんど区別なくつかわれているが、厳密には少しニュアンスが
 違う。
 たとえば、「不動産の斡旋」なら、物件をすすめるなどして、売る側
 買う側との連絡をつけること。
 「不動産仲介」なら、売る側、または買う側に代わって交渉し、商談
 を進めることである。
 「斡旋」は両方の間を取り持ち、世話をする事。
 「仲介」は両方の間に立って、交渉や商談などを代わりに
 進めること。

・意志と意思
 「意志が強い」「意思を表明する」のように使い分ける。
 「意志」は物事を実行しようとする気持ちのこと。
 「意思」は考え、意向のこと。
 一般に「意志」の方がなじみ深く、区別無しに使われることが多い。
 だが、「イシ表示」という場合は「意思」を使うのが普通。

・異義と異議
 「異義」は違う意味のこと。「同音異義語」のように使われる。
 「異議」は違う考えを意味し、反対意見や不服のこと。
 「異議なし」「異議を唱える」のように使う。

・意向と所存
 どちらも考えを表すが一般に「意向」は相手の考え、「所存」は
 自分側の考えをさす。

・異常と異状
 「異常」は通常のあるべき状態と違うこと。「精神異常」など
 「異状」は元の状態、これまでの状態から変化が起こっていること。

・委託と依託
 「委託」は人に任せてやってもらうこと。
 「データの解析を委託する」など
 「依託」は人を頼って預けること。
 「家庭教師に娘の教育を依託する」など

・委任と代理
 「委任」とは、「人に委ねて任せる」こと。
 「代理」とは、「本人に代わって物事を取り扱う」こと。
 委任の場合は、任された人の裁量によって、権利を行使するという
 意味が強いが、「代理」はあくまで本人の代わりなので、裁量範囲
 が限られる。
 

<<ビジネスマナー ビジネスレターの様式4  時候の挨拶 | ビジネスマナーがそこにある。トップへ | ビジネスマナー 用語の使い方2>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。