ビジネスマナーがそこにある。 > ビジネスマナー ビジネス文書 > ビジネスマナー ビジネスレターの様式2

ビジネスマナー ビジネス文書

ビジネスマナー ビジネスレターの様式2

ビジネスマナー ビジネスレターの様式2

1.文書記号・番号・日付
  文書の整理・検索の為につけられるものだ。
  文書記号とは、発信元の部課名や文書の目的などによって
  決められている。
  発送の日付は、平成**年**月**日、20**年**月**日
  のように記入する。

2.受信者名
  いわゆる宛名、会社名・所属・肩書き・氏名
  (敬称は「殿」より「様」が望ましい。)
  会社名は敬称でなく正式名称を書く。

3.発信者名
  どこの誰がだしたかである。
  会社名・所属・肩書き・氏名を書き、決済印、社印、職印などを
  押す。押印することで、文書は決裁権のある人の決裁を受けてい
  ることになり、事業体が作成したものとして通用することになる。

4.件名
  一見して、文書の趣旨がわかるように書く。
  ただし、挨拶文書、お悔やみ文書などには件名はつけない。

5.頭語
  「拝啓」「謹啓」「啓上」など。
  急ぎなら「急白」「急啓」「急呈」など。

6.時候の挨拶
  各季節にふさわしい挨拶がある。
  簡単に「時下」として次に続けてもよい。
  「時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます」など。

7−1.先方の安否を問う
  私信では「お元気ですか」にあたると思ってよい。
  「貴社ますますご発展のこととお喜び申し上げます」など

7−2.感謝の言葉
  「当社の業務につきましては日頃格別のご厚情を賜り厚く御礼
  申し上げます」などが一般的。
  すっきりさせるなら「毎度ありがとうございます」でも。

頭語から感謝の言葉までを前文という。
儀礼的な文書でない場合は省略も可能。そのときは「前略」「冠省」
などを入れる。

8.主文
  文書の中心となる部分。
  前文との区切りをはっきりさせる為「さて」「つきましては」
  を入れることが多い。これで、相手の注意をひく。

9.末文
  文の結びの挨拶であるとともに念押しする意味もある。
  「まずは取り急ぎご依頼まで」、「今後とも一層のご愛顧を
  賜りますようお願い申し上げます。」など。

10.結語
   「さよなら」の意味である。
   頭語と対照させて使うものなので、間違った組合せにしないこと
   「拝啓」なら「敬具」、「前略」なら「草々」など。

11.記書き
   「記」として、次の行から箇条書きにする。
   会合の日付、会場、会費など。

12.おって書き
   「おって・・・」と書き出すのでこう呼ぶ。
   「追伸」にあたる部分。
   慶弔に関係する書状には入れないのが礼儀。目上の人に出す
   文書でも、失礼にあたる。

  

ビジネスマナーがそこにある。(トップページ)へ


<<ビジネスマナー ビジネスレターの様式1 | ビジネスマナーがそこにある。トップへ | ビジネスマナー ビジネスレターの様式3 頭語と結語>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。