ビジネスマナーがそこにある。 > ビジネスマナー セールストーク > ビジネスマナー セールストーク4

ビジネスマナー セールストーク

ビジネスマナー セールストーク4

ビジネスマナー セールストーク4
お客のニーズをどう見抜き、商品をどう売ればいいか。

セールスで避けたい表現
 
 1.お願いは依頼形でする
   お客がすぐにでも納品して欲しいという商品を在庫切れで
   一週間待ってもらわなければならないとき、
   「今、在庫を切らしておりますので、一週間待って下さい。」
   という言い方はしないこと。「待って下さい。」は丁寧語
   であっても命令的である。
   この場合、「申し訳ございません。ただいま、在庫を切らして
   おりまして、一週間お待ちいただけないでしょうか」という
   ように依頼の形にしなければならない。
   要は、相手に気持ちよく受け入れてもらえるような言葉づかい
   をすることだ。

 2.否定形で断らない
   値引きを要求されて、それ以上値引きできない場合、
   「それはできません」と否定形で断らないこと。
   お客は商品を買っていただく立場にある。
   その場合、「申し訳ございませんが、私どもでも精一杯勉強
   させていただいた価格でございます。これ以上の値引きは
   ご容赦いただけませんでしょうか」とやわらかく依頼の形
   にする必要がある。


営業に関するサイト見つけました。
『洗脳営業術』何故かあなたから買ってしまう瞬間催眠営業術・交渉術

王者のセールス・マニュアル 遠藤新一 方法 営業






<<ビジネスマナー セールストーク3 | ビジネスマナーがそこにある。トップへ | ビジネスマナー 要領よく書く1>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。