ビジネスマナーがそこにある。 > ビジネスマナー セールストーク > ビジネスマナー セールストーク2

ビジネスマナー セールストーク

ビジネスマナー セールストーク2

ビジネスマナー セールストーク2
お客のニーズをどう見抜き、商品をどう売ればいいか。

成功するノウハウ?
 
 1.誠実に粘り強く
   訪問先で、「当社の最新式の商品をご紹介にあがりました。」
   と言っても「ついこの間、他社で買った。」「うちはこの商品    使っていない。」と言われ、セールストーク以前に断られる
   ことはセールスマンがたびたび経験することだ。
   他社を買った。商品を使ってない。などで仕方がないとか
   これ以上話しても無駄だ、とセールスを断念したのでは、
   仕事は成り立たない。
   お客にとっては、他社のよりもあなたの会社の商品の方が
   ずっとメリットが大きいかもしれない。使ってないという
   お客は、その商品の使い方を知らないのかもしれない。
   一ヶ月経ったら、もう一度訪問してみよう。そして、
   ビジネス一辺倒ではなく相手が興味を持ちそうな話題を
   取り上げるなどしてお客と親しくなることだ。
   そうなれるまでねばり強く訪問を続けよう。

 2.商品説明でニーズを探る
   カタログやサンプルを示しながら、お客に商品説明をするときは
   お客の反応からそのニーズを読み取ることが大切だ。
   例えば、コピー機の説明であれば、以前より鮮明にコピーできる
   ことを説明していたとき、お客がその鮮明度について熱心に
   質問をするようなら、その商品に気持ちを動かされている証拠
   である。また、「うちはそれほど細かいコピーはしない。」と
   先方が答えれば、セールスマンは別の長所を説明したり、
   違う機種をすすめてみるなどの対応する必要がある。

 3.商品の魅力をプラスする言葉
   お客がカタログの中のある商品について、集中的に質問を
   するよなら、その商品に興味を持ったのである。
   この興味の高まりを、セールスマンは見逃さないこと。
   その商品のどこにお客がもっとも惹かれているのかを探り、
   その魅力が更に強まるようなひとことを、それとなく言って
   みよう。


営業に関するサイト見つけました。
『洗脳営業術』何故かあなたから買ってしまう瞬間催眠営業術・交渉術

王者のセールス・マニュアル 遠藤新一 方法 営業







<<ビジネスマナー セールストーク1 | ビジネスマナーがそこにある。トップへ | ビジネスマナー セールストーク3>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。