ビジネスマナーがそこにある。 > ビジネスマナー 報告の仕方 > ビジネスマナー 報告の仕方2

ビジネスマナー 報告の仕方

ビジネスマナー 報告の仕方2


ビジネスマナー 報告の仕方2
ビジネスは指示で始まり、結果の報告で完了する。

報告はこうする

 1.結論から報告する
   指示を出した上司が知りたいのは、仕事の結果である。
   あとから、経過や理由を報告する。

 2.ポイントを整理して報告する
   報告はポイントを整理し、順序立てて行わなければならない。
   まず、結論を報告したら、それまでの経過のポイントを
   報告する。
   大切なのは、事実のみを報告するということである。
   主観や自分の意見は事実の報告のあとで、上司に確認を
   とって行う方がよい。

 3.嫌みな表現は避ける
   報告には嫌味な表現を用いないこと。


悪い報告・中間報告はどうするか

 1.悪い報告を先に延ばさない
   結果が思わしくなかった仕事は報告しにくいものだ。
   しかし、悪い結果ほど早く報告しなければならない。
   会社はその結果に対して至急に善後対策を講じなけ
   ればならないからだ。
   自分一人の力で解決しようとしないで、とにかく
   上司に報告することが大切である。
   必要な報告を省略して、独断で勝手に行動してはならない。

 2.中間報告も忘れてはならない
   とくに長期間に及ぶ仕事の場合中間報告をする必要がある。
   上司は、仕事の進行状況を把握する必要があるし、
   ときによっては軌道を修正しなければならないことが
   あるから、中間報告は大切だ。
   上司は、その報告により、仕事の速度や進め方が適切で
   あるかどうか判断したり、また有効なアドバイスを与えたり
   できる。


<<ビジネスマナー 報告の仕方1 | ビジネスマナーがそこにある。トップへ | ビジネスマナー クレーム処理>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。