ビジネスマナーがそこにある。 > ビジネスマナー 指示の受け方 > ビジネスマナー 指示の受け方1

ビジネスマナー 指示の受け方

ビジネスマナー 指示の受け方1


ビジネスマナー 指示の受け方1
指示はとにかく最後まで口をはさまないで聞く。そして忘れないよう
に素早くメモ−−−5W1Hの要領でする。期間が長い仕事は経過報告
を必ず行うように。

仕事は指示に始まる
 あなたが会社で行う仕事は、上司の指示を受けることから始まる。

 1.やる気を示そう
  仕事の指示を受けるために上司に呼ばれたら、「はい」と
  明るい声で返事をすること。このとき、メモ用紙と筆記用具
  を持ち、速やかに上司の席まで行く。
  明るい返事とテキパキした行動で、やる気を示すことが
  大事である。
  
2.説明は最後まで聞く
  上司があなたに指示を与えている間は、疑問点や異論があっても
  説明がひととおり終わるまで口を差しはさまないこと。
  上司が話している間は、話しやすい状態をつくることに協力
  するのが聞き手の常識である。仕事の説明は最後まで聞くこと

指示を正確に受ける
 仕事は誰かが(WHO)、あることを(WHAT)、いつまでに
 (WHEN)、どこかで(WHERE)、ある目的をもって
 (WHY)、ある方法で(HOW)の5W1H
で行われる。
  したがって、指示を与える上司の説明には当然、それら六つの
  ポイントが含まれている。
  人間の記憶力は、元々不完全にできている。
  忘れることはとがめられない。しかし、メモをとることを
  怠れば非難される。

1.ポイントを復唱する
  上司が説明を終えたら、あなたが指示を正しく受けたがどうか
  を確認するため、ポイントの復唱をする。
  こうすることによって、指示を出した上司も指示忘れがないか
  確認できる。
  また、説明について疑問や不明な箇所があれば、それについて
  質問をする。のみこめない箇所を残したままで仕事に取り
  かかってはいけない。

<<ビジネスマナーの基本5W1H | ビジネスマナーがそこにある。トップへ | ビジネスマナー 指示の受け方2>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。