ビジネスマナーがそこにある。 > ビジネスマナー 訪問先での会話 > ビジネスマナー 訪問先での会話1

ビジネスマナー 訪問先での会話

ビジネスマナー 訪問先での会話1

ビジネスマナー 訪問先での会話1
どちらも仕事とはいえ、受ける方も忙しい時間をさいてくれるのだ。
時間を守り、相手方の立場や事情も考慮に入れて、ハキハキと、
訪問の会話は商談の基本となる。

時間の大切さを認識しよう
1.事前にアポイントをとる
  他社を訪問して担当者と面会することは、その担当者の貴重な
  時間をもらうことである。
  訪問に際しては、事前にアポイントをとっておくのは常識
  であるが、相手に貴重な時間をさいてもらうことに対する
  感謝の気持ちはわすれてはならない。

受付での会話
1.社名、氏名をはっきりと言う
  受付で社名、氏名をはっきりといい、
  アポイントのあることを自分の方から知らせることが大切だ。
  普通、受付の方からアポイントの有無を聞いてくるが、それを
  期待して待つようではいけない。
  自分の方からアポイントの有無を伝えれば、受付の手間が省け
  礼儀をわきまえたビジネスマンと評価が上がる。ということは
  会社の評価もあがる。

2.アポイントがない場合
  訪問する時はアポイントをとるのが常識だが、ビジネス社会では
  予測の付かないこともある。アポイントをとる時間がなく、
  急いで面会が必要となる場合がある。
  その場合、受付で「本日はアポイントをいただいてないのですが、
  どうしても**課長にお目にかかりたい用件がありますので
  お取り次ぎをおねがいできませんでしょうか」と言う。
  もし、**課長と親しくても礼儀正しく、けじめをつけて
  対応する。

アポイントがないと入れない会社もあります。


 


 


オーダースーツ佐田


<<ビジネスマナー 来客応対の会話2 | ビジネスマナーがそこにある。トップへ | ビジネスマナー 訪問先での会話2>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。