ビジネスマナーがそこにある。 > ビジネスマナー 来客応対の会話 > ビジネスマナー 来客応対の会話1

ビジネスマナー 来客応対の会話

ビジネスマナー 来客応対の会話1

ビジネスマナー 来客応対の会話1
接客に立った者は、そのまま会社の代表者となる。取り次ぎの仕方
言葉使いが商談の進み具合や成否にも影響を及ぼすということを自覚
して、応対したい。

来客の迎え方
会社を訪れる人に、どういう応対のしかたをするか。これは会社の
評価を左右する大切な問題である。来客には「いらっしゃいませ」と
明るい声で迎え、笑顔を添えたいもの。

1.アポイントの確認をする。
  来客が会社名と氏名を名乗り、面会したい人間を指名した時
  予め約束があるか確認しよう。
  約束があるのなら、面会したい人にその旨を伝えればよい。
  
2.アポイントがない時はどうするか
  面会したい相手に会社名、名前を告げ確認をとる。
  来客に会う場合。
   すぐに会える場合は問題ないが、会議中などで会えない場合
   終了時間を伝え、お待ちいただけるか来客に確認をとる。
  来客に会う意思がない場合。
   来客に会う意思がない事を伝えてはいけない。
   会えない理由を作り出す必要がある。
   たとえば、「これから、会議に入りますので、まことに
   申し訳ございませんが、きょうはお目にかかれないと
   申しております」とあくまでも丁寧に応対しよう。

3.相手が名乗らない場合はどうするか
  「どちらさまでいらっしゃいますか?」とはっきり聞こう
  この場合、気を付けなければならないのは、相手の態度が
  たとえ、ぶっきらぼうでも決して反感ある態度を見せないこと
  相手が名乗ったら、復唱し、用件を聞こう。
  それから取り次ぐようにしよう。

4.迷ってる来客にはどうするか
  訪ねたい位置がわからず、社内で迷っている来客がいたら
  すぐに声をかけ、「どちらをお訪ねでしょうか」と聞く。
  誰か他の者が応対するだろうと、気付かないふりをするのは
  絶対いけない。そういうよそよそしい雰囲気を、来客は
  敏感に察知する。

応対する人の態度で印象がかなりかわりますね。

<<ビジネスマナー 紹介の方法3 | ビジネスマナーがそこにある。トップへ | ビジネスマナー 来客応対の会話2>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。