ビジネスマナーがそこにある。 > ビジネスマナー 紹介 > ビジネスマナー 紹介の方法1

ビジネスマナー 紹介

ビジネスマナー 紹介の方法1

ビジネスマナー 紹介の方法1
自己紹介・間接紹介・直接紹介にもルールがある。
間接紹介とは電話や書状、名刺などを使って二者をひきあわせる方法
仲介者の責任が重くなる。

1.人間関係は紹介で広がる
  ビジネス社会では、自分の気に入った人間とだけつきあって
  いればよいというわけにはいかない。
  職場にはいろいろなタイプの人間がいる。そして、会社には組織体
  としてのまとまりが必要であり、組織体の成員は協調性を
  要求される。
  組織体の成員として必要なのは、自分の気に入らない人間、意見の
  違う人間を理解しようとつとめる寛大さだ。

2.好き嫌いをしない。
  嫌いだからといって避けていたのでは、何も発展的なもの
  は生まれない。あなたがつまらないと思っている人間でも
  つきあっていれば「他山の石」にできるかもしれないのだ。
  人間関係の範囲を広げれば広いほどよい。
  このことは、もちろん社外の人間関係についてもいえる。
  むしろ、社外の人間関係の範囲を広げることは、仕事を
  拡大させることにつながるから、きわめて重要である。
  人間関係は自己紹介や他人に自分を紹介してもらうことで
  広がる。

3.自己紹介のしかた
  あなたが新入社員であれば、まず社内で自己紹介すること
  が多い。
  初めて配属された部署で自己紹介する場合は、ふつう
  上司が先に紹介してくれる。これを受けてあなたは、
  氏名、出身校、出身地、趣味などを紹介する。
  ユーモアなどおりまぜると良いが余裕がない時は無理する
  必要はない。
  大切なのは背筋を伸ばし、はっきりした声で話すことだ。

自己紹介緊張しますよね。

ビジネスマン応援 靴 calzolaio

<<ビジネスマナー 挨拶4 | ビジネスマナーがそこにある。トップへ | ビジネスマナー 紹介の方法2>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。