ビジネスマナーがそこにある。 > ビジネスマナー 挨拶 > ビジネスマナー 挨拶3

ビジネスマナー 挨拶

ビジネスマナー 挨拶3


ビジネスマナー 挨拶3
仕事は挨拶から始まり、挨拶で終わる。挨拶の言葉ははっきりと

3.挨拶で差別をするな
  相手の身なりによって、挨拶の態度を変えてはいけない。
  来客が油のしみこんだ作業服を着ていても、ジロジロ見るような   ことは絶対にしてはならない。
  挨拶は相手に対して心を開き、敵意のないことを示す行為である
  その心を態度で裏切ることは厳禁だ。いつでも誰に対しても、
  挨拶には笑顔を添えることを忘れないで起きたい。

4.社外での挨拶も大切
  プライベートな時間に、社外で職場の人に出会ったときは、
  状況に応じた挨拶をしよう。
  挨拶をしたあとはケースバイケースであるが、とにかく目が
  あったら挨拶するのが礼儀である。
  もしも、どちらか一方、両方に連れがいる場合は、
  簡単に紹介する程度にとどめ、「失礼します」と挨拶をして
  別れるのがよい。
  得意先のひとに出会ったらあくまでも丁寧な態度で応対する
  プライベートな時間であるとはいえ相手が顧客であることに
  かわりない。顧客はいつでも「**会社の**さん」として
  あなたを見ている。「**会社」の人間として、
  「いつもお世話様です」と挨拶するのを忘れないこと。

挨拶は基本です。

<<ビジネスマナー 挨拶2 | ビジネスマナーがそこにある。トップへ | ビジネスマナー 挨拶4>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。