ビジネスマナーがそこにある。 > ビジネスマナー 挨拶 > ビジネスマナー 挨拶2

ビジネスマナー 挨拶

ビジネスマナー 挨拶2


ビジネスマナー 挨拶2
仕事は挨拶から始まり、挨拶で終わる。挨拶の言葉ははっきりと

挨拶の言葉は省略してはいけない
1.「おはよう」ではいけない
  挨拶の言葉を省略してはいけない。
  「おはよう」、「ありがとう」「少々お待ちを」ではいけない
  「おはようございます」「ありがとうございます」
  「少々お待ち下さい。」と言おう
  短くはしょってしまうのは、明らかに心づかい不足である。

2.言葉はおじぎが終わってから
  いろんな挨拶をするときおじぎをするのは原則である。
  おじぎはへり下ってる事を示す動作である。
  したがって、相手に対する敬意を忘れてはならない。
  しかし、敬う気持ちはあっても、表現するかたちをしらなければ
  敬意は充分伝わらない。おじぎの仕方のポイントを知っておく
  事は大切だ。
  
  おじぎのポイント
   1.背筋を伸ばす
   2.あごをひく
   3.両足を揃える
   4.手は自然に前へ(男性は横でも良い)
   5.おじぎの角度は30度
   
  言葉は、上体を起こしておじぎが終わってから述べること。
  

挨拶は基本です。

<<ビジネスマナー 挨拶1 | ビジネスマナーがそこにある。トップへ | ビジネスマナー 挨拶3>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。