ビジネスマナーがそこにある。 > ビジネスマナー 挨拶 > ビジネスマナー 挨拶1

ビジネスマナー 挨拶

ビジネスマナー 挨拶1

ビジネスマナー 挨拶1
仕事は挨拶から始まり、挨拶で終わる。挨拶の言葉ははっきりと

挨拶は人間性を表す
挨拶は自分の心を開いたことを相手に知らせる行為である。
心を開いて人を受け入れることにより、自分を相手に受け入れて
ほしいとする意思表示が挨拶である。つまり人と人とのコミュ
ニケーションがそこから始まるというきわめて能動的な行為である。
 どうも儀礼的、形式的な側面でのみ受け取られがちであるが、
挨拶はもともと人間の熱い感情を盛り込んだ行為なのである。
それだけに、挨拶が出来るか出来ないか、どういう挨拶のしかたを
するかということが、あなたの人間としての評価を大きく左右する
ことになる。
「挨拶もロクにできない奴」「あいつは挨拶の仕方をしらない」という
言い方は、今でもよく使われる。
「挨拶ができない」ということは、ビジネス社会においては仕事の能力
以前に、人間としての評価を落とすことにつながる。

1.朝の挨拶を徹底させる
  一日の活動が始まる朝、はきはきした声で「おはようございます」
  と挨拶しよう。
  朝の挨拶ができたかどうか、他人が元気な声で
  「おはようございます」と言ってくれたかどうか・・・
  そういうことで私たちは案外、一日の気分を左右されて
  しまうものなのだ。
  朝、出社したら顔を合わせる人ごとに「おはようございます」と
  挨拶しよう。挨拶をされて怒る人はいない。

2.挨拶は自分から先にする
  他人が挨拶してくれたら自分もしようとか、あの人はロクな
  返事もしてくれない人だから挨拶するのはやめようとか
  そういうせまい了見は捨てること。
  挨拶は目下の者から先にするのが原則である。
  あなたが新入社員であれば、誰に対してもあなたのほうから
  挨拶しなければならない。
  上司から「おはよう」と挨拶されたら、元気な声で
  「おはようございます」と答えよう。
  また、あなたに後輩ができて、後輩からの挨拶を待っている
  必要はない。緊張して言葉がスムーズに出てこないのかも
  知れない。あなたのほうから気軽に挨拶の言葉をかけると
  緊張がとけて後輩の心が開かれ、言葉が自然に口をついて
  でるようになる。

挨拶は大事です。

<<ビジネスマナー 敬語の基本常識4 | ビジネスマナーがそこにある。トップへ | ビジネスマナー 挨拶2>>

この記事へのコメント

  • ビジネスマナー
  • 2011年10月02日 23:26
  • とても魅力的な記事でした!!
    また遊びにきます。
    ありがとうございます!!

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。