ビジネスマナーがそこにある。 > ビジネスマナー 話し方 > ビジネスマナー 敬語の基本常識1

ビジネスマナー 話し方

ビジネスマナー 敬語の基本常識1


ビジネスマナー 敬語の基本常識1
敬語には相手や相手の動作を敬うときに使う尊敬語
自分や身内の動作をへり下るときに使う謙譲語
丁寧な言い回しをすることによって敬意を表す丁寧語
の三種類がある。

尊敬語について
尊敬語は相手や相手の動作を敬う言葉であり、原則として
自分より目上の人に使う言葉である。

1.尊敬語を使うべき相手
  ビジネス社会には、社内の人間関係と対外的な人間関係がある。
  新入社員の方なら
  ・同僚以外すべての社員。
  ・対外的には、得意先の会社の人間対してすべて。
  ・あなたの会社が得意先になる会社の人にも使うべきである。

2.尊敬語の使い方
  例えば「食べる」という動作に対して考えると
  同僚が相手であれば「もう昼食べた?」と聞く
  同僚の「食べる」という動作に対してそのまま「食べる」
  でよい。
  しかし、相手が上司の場合、「食べる」という動作に対して
  尊敬語を用いなければならない。「食べる」の尊敬語は
  「召し上がる」である。
  したがって、「課長、もうお昼は召し上がりましたか?」と言う
 
敬語、大事なところですね。

<<ビジネスマナー 謙譲語と尊敬語3 | ビジネスマナーがそこにある。トップへ | ビジネスマナー 敬語の基本常識2>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。