ビジネスマナーがそこにある。 > ビジネスマナー 話し方 > ビジネスマナー 謙譲語と尊敬語3

ビジネスマナー 話し方

ビジネスマナー 謙譲語と尊敬語3

ビジネスマナー 謙譲語と尊敬語3
尊敬語は相手の、謙譲語は身内の動作。

間違った敬語表現の例を正す

1.謙譲語に「れる」をつけた表現は誤り

  社長が申されたように>社長がおっしゃったように

  専務が参られました>専務がいらっしゃいました

2.相手の動作に謙譲語を使った表現は誤り

  受付で伺って下さい。>受付でお聞きになって下さい。

  食事をいただいて下さい>食事を召し上がって下さい。

  お昼は何にいたしますか>お昼は何になさいますか

  その件は担当の者に申して下さい。>
       その件は担当の者におっしゃってください。

  他にお聞きしたいことはありますか>
      他にお聞きになりたいことはありますか

3.身内に尊敬語を使った表現は誤り

  うちの社長にお伝えします>私ども社長に伝えます

4.物に尊敬語を使った表現は誤り

  素敵なお庭でいらっしゃいますね>素敵なお庭ですね

 


ビジネスマナーがそこにある。(トップページ)へ


 


 

<<ビジネスマナー 謙譲語と尊敬語2 | ビジネスマナーがそこにある。トップへ | ビジネスマナー 敬語の基本常識1>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。