ビジネスマナーがそこにある。 > ビジネスマナー 話し方 > ビジネスマナー 「いらっしゃる」のを使いこなす。

ビジネスマナー 話し方

ビジネスマナー 「いらっしゃる」のを使いこなす。

ビジネスマナー 「いらっしゃる」を使いこなす

「いらっしゃる」という尊敬語は「行く」「来る」「いる(存在)」
「ある(状態)」の意味すべてに使うことができる。

したがって、この言葉を完全マスターすれば、敬語の誤用も
防げるし、敬語に対する自信にもつながります。

ただし、「いらっしゃる」で注意しなければならないのは、
この言葉は、人の動作や状態について使う言葉である。
「コーヒーはいかがでいらっしゃいますか」とか
「りっぱなお品でいらっしゃいますね」というように、
物については決して使わないこと。

正しくは、「こーひーは召し上がりますか」
「りっぱなお品ですね」と言うのが正しい。

「行く」>部長は会議室へいらっしゃいました。
「来る」>**社の山田部長がいらっしゃいました。
「いる(存在)」>社長はただいま応接室にいらっしゃいます。
「ある(状態)」>部長は聡明なかたでいらっしゃいます。

なかなか難しいですね。使い分けられたら自信になりそうです。

 


ビジネスマナーがそこにある。(トップページ)へ


 

<<ビジネスマナー 応対用語 | ビジネスマナーがそこにある。トップへ | ビジネスマナー 謙譲語と尊敬語1>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。