ビジネスマナーがそこにある。 > ビジネスマナー 話し方 > ビジネスマナー 敬称と敬語2

ビジネスマナー 話し方

ビジネスマナー 敬称と敬語2

ビジネスマナー 敬称と敬語2
言葉のあたまに「お」や「ご」をつけると丁寧な言い方になり
敬意を表すことができる。
この接頭語は相手の所有物(お荷物)、動作(お帰り)、
状態(お元気)などにつけるのが原則で、多く使えばいいと
いうものではない。
1.「お」と「ご」の乱用は逆効果である。
  接頭語で最も注意しなければならないのは、むしろ乱用である。   例えば「おコーヒー」「おビール」などのように外来語には
  接頭語をつけるべきでない。
  また、「部長、おカバンをお持ち致しましょうか」は
  「おカバン」「お持ち」と「お」を連発することになり
  表現としてしつこい。「カバンをお持ち致しましょうか」と
  言った方がすっきりして敬意も充分伝わる。

使い慣れてないと難しいですね。

 


ビジネスマナーがそこにある。(トップページ)へ


 

<<ビジネスマナー 敬称と敬語1 | ビジネスマナーがそこにある。トップへ | ビジネスマナー 応対用語>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。