ビジネスマナーがそこにある。 > ビジネスマナー 話し方 > ビジネスマナー 敬称と敬語1

ビジネスマナー 話し方

ビジネスマナー 敬称と敬語1

ビジネスマナー 敬称と敬語1
ビジネス社会では人を呼ぶ時は必ず「敬称」をつけるのが原則。
敬称をつけるのはけっこう難しい。
1.「**部長さん」は誤り
  役職名はそれだけで敬称である、
  だから「**部長」で良い。
2.役職以外は「さん」づけ
  同僚、部下であっても「さん」づけが基本となる。
3.社外では自社の人間は呼び捨て
  対外的には、自社の人間は社長以下全員が呼び捨てである。
  たとえば自社の山田部長に対して社外では
  「私どもの山田は・・・」となる。
4.他社の人に対しては役職名か「さん」「様」づけ
  他社の役職付きの人に対しては「**部長」でよい。
  自社と同じように「**部長さん」ではない。
  役職付きでない人には「さん」「様」をつけて呼ぶ。

新入社員の方はよく上記をやってますね、
私も以前、他社の課長に「**課長様」と使ってました。

 


ビジネスマナーがそこにある。(トップページ)へ


 

<<ビジネスマナー 話し方基本3 | ビジネスマナーがそこにある。トップへ | ビジネスマナー 敬称と敬語2>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。