ビジネスマナーがそこにある。 > ビジネスマナー 話し方 > ビジネスマナー 話し方基本2

ビジネスマナー 話し方

ビジネスマナー 話し方基本2

ビジネスマナー 話し方基本2

人に好感を持たれる話し方は、言葉を飾り立てたり、
丁寧語をむやみに多用することではない。
相手に悪い印象を与える言葉を使わないことが
基礎となる。

使うべきではない言葉
1.カタカナ言葉を多用しない。
  あまり使うと相手がわからないだけでなく
  悪い印象を与えてしまう。
2.略語・流行語をあまり使わない。
  相手が確実にわかるのであればまだよいが
  使いすぎると印象が悪い。
3.「えーっ」「あのー」
  「やっぱり」「とにかく」などの副詞、
  「えー」「あのー」などの間投詞これらは時間の浪費であり
  自信のなさが出て印象が悪い。
4.業界用語、専門用語。
  話す相手を見て使う。

私も専門用語でよく失敗しました。

 


ビジネスマナーがそこにある。(トップページ)へ


 

<<ビジネスマナー 話し方基本1 | ビジネスマナーがそこにある。トップへ | ビジネスマナー 話し方基本3>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。