ビジネスマナーがそこにある。 > ビジネスマナー 結婚式 > ビジネスマナー 結婚式 準備と手続き1

ビジネスマナー 結婚式

ビジネスマナー 結婚式 準備と手続き1

結婚式 準備と手続き1
 
●結婚は人生最大のセレモニー
 披露宴を盛大にしたり、海外で二人だけで結婚式をあげたり、
 籍だけを入れたり、形式はさまざまだが、結婚は人生における
 大切なけじめである。
  独身の時とは、周りの見る目の変わってくる。仕事でも
 プライベートでも今まで以上に責任を持たなければならない。
  結婚は本人たちの自由意志ではあるが、たくさんの人たちの
 祝福によってこそ成り立つ。式の準備、会社への報告など、
 責任のある態度で臨んで欲しい。

●仲人を頼むとき
 ・仲人は結婚のアドバイザー
   最近では仲人がいない結婚式が多くなった。めんどくさい
  手続きや人間関係を敬遠する傾向だろうか?
  とは言っても、仲人は、結婚後のよき相談相手であり、結納、式の
  媒酌人と結婚の最初から最後まで見守ってくれる。
   そんな仲人を頼む場合は、それなりの人生経験のある人がいい。
  夫側の会社の上司や先輩、恩師、当事者や両親の知人、親戚という
  のが一般に頼む基準である。
 
 ・仲人の条件
  1.当事者やその家族をよく知っている人。
  2.夫婦そろって円満な家族生活を送っている人。
  3.社会的な信用や地位がある人。
  4.若い人の考え方に理解があり、指導してくれる人。
  など考えられる。
 
 ・仲人を依頼するとき
   見合い結婚などで、二人の出会いから労をとってくれた人には
  そのまま依頼するのが筋であるが、別に改めて依頼する場合も
  多い。
  その時に仲人を依頼する場合は、当事者の二人そろって行い、
  後日、あらためて両家が正式にお願いに伺う。
   仲人は目上の人にお願いするのが常識である。言葉遣いに
  注意しよう。
  例えば、「この度、私と(新婦となる人の名前)は婚約をし、
  来春結婚することとなりました。つきましては上司である
  ○○部長にご媒酌をお願いいたしたく、参上した次第です。」
  というように、きちんと挨拶をする。
  間違っても「大役とは思いますが・・・」など言ってはだめ。
  「大役ながらお引き受けいたします。」と受ける仲人側が
  言う言い回しである。
  このように、結婚式などの儀式には特別な言い回しがあるので
  気をつけよう。

 
 



   
   

<<ビジネスマナー 上手な接待の断り方 | ビジネスマナーがそこにある。トップへ | ビジネスマナー 結婚式 準備と手続き2>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。