ビジネスマナーがそこにある。 > ビジネスマナー 接待 > ビジネスマナー 接待の受け方3

ビジネスマナー 接待

ビジネスマナー 接待の受け方3

上手な接待の受け方

 1.接待する人の気持ちを大切にする
   相手の気持ちをくんで、楽しく過ごすことが大切である。
   たとえば、相手側が何か仕事上のミスをしてお詫びに
   一席設けたいという場合は、もう失敗のことは忘れる。
   たとえ善意からでもあれはこうすればよかった、などと
   忠告めいたことは言わない。
   また、製造元が取引強化を目的に販売店の人間を接待している
   場合ならば、具体的な取引の話はしなくとも、販売力の増強
   や好まれる製品づくりなど、前向きに仕事上の知恵を出し合って
   活発に議論するのもよい。

 2.調子に乗ってはいけない
   つい調子に乗って牛飲馬食などはもってのほか「ただ酒ほど
   怖いものはない」ことを忘れないこと。
   接待となれば、相手はあくまでもこちらをたて、お客様扱い
   してくれるのはあたりまえ。そこでいい気分になって、自分が
   偉くなったかのように大きな態度をとったり、高価な酒や料理
   を次々に注文したり・・・こんな態度ではビジネスマン失格
   相手はあなた個人ではなく、会社の社員としてあなたを接待
   していることを忘れてはならない。

 3.別れ際をスマートに
   接待の席では、接待されている側から、早めに「このへんで
   失礼します」と申し出る。相手が引き止めようとしてもきっぱり
   引き上げた方がスマートだ。
   もし、「あらかじめ二次会の手配がしてありますので」と
   すすめられたら、その場合の雰囲気でつきあったほうがよいか
   どうか判断する。
   こちらから要求するなどは、とんでもない不心得である。


トップページ(ビジネスマナーがそこにある)はこちらから

<<ビジネスマナー 接待の受け方2 | ビジネスマナーがそこにある。トップへ | ビジネスマナー 接待の受け方4>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。